はじめての手術にて

こんにちは^^

なす さおり(なっちー)です

 

我が家の第二子、長男(5歳)は
10番染色体一部欠損症。

知的・発達障害に加え、
身体の発達も2歳程度です。

 

そんな長男、
昨日からはじめての手術にて入院中。

10番染色体一部欠損症では、
泌尿器系の奇形が多いと言われているそう。

うちの長男は“停留精巣”ということで、
オーストラリア留学の前に手術が急遽決まりました。
(なっちー、オーストラリア行くってよ)

 

毎回入院のときは、
子ども用ベッドの柵を乗り越えようとして転倒したり、
(完全におふざけで)

ベッドの上でヨーイドン!と走り出したり、

消灯台に乗ってひっくり返りそうになったり、

むやみにナースコール押しまくって看護師さんに注意されたり・・・

 

もう思い出すだけで泣きたくなるくらい入院って苦痛((+_+))

昨日は鬱々とした気持ちを抱えて入院しました。

でも、
病室に入って最初の2時間くらいはウロウロが止まらなかったものの、
それ以降は持ち込んだipadでなんとか時間を過ごせて
今までで一番楽だったかも。。。

と言っても、
ナースコール押しまくるのは変わらず、
看護師さんは呆れていた^^;
(手が届かないところに置くというのもなかなか難しいし、コード引っこ抜くわけにもいかないしね…)

 

てんやわんやしながらも夜は20時には寝てくれ、
朝一で手術室へ。

その前に飲む “眠くなる薬” が苦手で、
検査入院のときは
毎回看護師さんと格闘していました。

が、
今日はそれも頑張って自ら飲んでくれ、
想像していたより遥かに楽でした。

 

帰室したら暫く暴れてましたが、、、

いつもいつも、

どうせこうするでしょ
〇〇するに決まってる

と決めつけてしまっている自分に気づき、

この先入観が
子どもとのコミュニケーションにも影響しているなぁなんて振り返った今日。

きっと大丈夫

というエネルギーと、

どうせ良くないことが起きる

というエネルギーでは雲泥の差。

 

普段から自分がどんな世界を選び取っているのか、
目の当たりにしたようです^^;

 

先日、電車に乗った時も
全く騒ぐことがなくて驚いたのですが、

こうやって経過を見ていくと
ほんの少しずつでも成長しているのだなぁと感じます。

この成長を当たり前とせず、
日々喜び合っていきたい。

 

全ては “当たり前”になったとき、

コントロールや
押しつけとなり、

感謝を忘れていくのだろう。

何度も何度も同じことに気づいていく。

今回の入院は、
自分を振り返るいいきっかけにもなっています。

 

手術中は、
9月に受けた健康美人講座の特典動画を見ながら
顔ヨガをして待ちました(笑)

色んな隙間時間にできるからおススメ↓

健康美人講座の詳細はこちら

 

●なっちーの無料レポート●
夫婦仲を良くしたい方はこちら
私にも夫婦の暗黒期がありました。 そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、 夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^ ↓  ↓ ●なっちーの無料メール講座●
夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら
夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。 夫婦関係を見直したい! 夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座 ↓  ↓ ●なすカフェオンラインサロン●
誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら
顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい! 取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな 孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場 「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ ↓  ↓ ●なっちーの公式LINEアカウント●
夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ
自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信) 親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。 ご希望の方には 『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆ ご登録はコチラ ↓  ↓ 友だち追加