夫に考えて動いてほしい!という前に。夫からコレを奪っていませんか?

こんにちは^^

子育てがしんどい、
夫にイライラしているママ専門カウンセラーの
なす さおりです!

頼まないと動かない夫にイライラする!

指示される前に考えて動いてよ!と腹が立つ

なんで私が夫の尻ぬぐいしなきゃいけないんだ!と毎回ムカつく

5年前のわたしは常にこんな思いを抱いていました

夫が忘れ物をした、と言うたびに職場に届けたり
出勤時にあれがないこれがない、と言えば探して持たせたり、

そんな夫の尻ぬぐいが重なり、毎日本当にイライラしていました。

それがあることに気づいてから、
自分の行動を改めようと思ったんです。

今日は、
わたしが夫に対して自分の行動を改めた結果どんなことが起こったか、
エピソードを交えながら解説していきますね。

夫に対して、

自分で考えてやってほしい

と思う女性は少なくないのではないでしょうか。

色んなSNSを見ていても、

夫は指示待ち人間だ

言わないと動かないから言う気が失せる

こっちは家事育児に追われてるのに旦那の行動の指示までできない!

といった声を目にします。

もうほんと、共感しかない・・・・(^^;

でもここで、振り返ってほしいことがあるのです。

自分で考えてやってほしい
自分から動いてほしい

と思う反面、

夫の考える機会、動く機会を奪っていないか?を。

以前こんなことがありました。

雨がパラついていた日。

わたしが夕食を作っている間に、
夫が子どもの習い事のお迎えに行ってくれることになっていたのですが、

「職場に財布を忘れてきた!」 といい出しました。

(もうこの時点でイエローカードですわ(笑))

それで、

雨が降ってるけど免許証がないから車で行けないと言ってきたんですね。

もちろんここで

わたしが夕飯作りを中断して迎えに行くこともできましたし、
今までだったらそうしていました。

ですが夫が考えて、

「自転車で行ってくる」と言ったので、
大変そうだなと思いながらも止めずに行ってもらいました。

今までだったら、

雨に濡れるかもしれないから可哀そうだな
夫にこんな思いをさせていいのだろうか
疲れて帰ってきているのに、もっと疲れさせてしまうんじゃないか

そんな思いがよぎり、
夕食作りを中断してイライラしながらもわたしが行っていたと思います。

しかしその時は、

「そっか、
気をつけていってきてね~!
お願いします^^」

とだけ言って、わたしは夕食作りに専念しました。

すると、
お迎えから帰ってきた夫が

「少しの雨ならこのマウンテンパーカーが役に立つとわかったよ♪」

と喜んで報告してきたのです^^

雨の中行ってもらったことに対する罪悪感があったわたしも、

その時は

夫が自分で気づいたことがあったんだ!

と嬉しくなりました^^

そもそも財布忘れるってなんでやねん、とは思っていましたが(^^;

夫が自分で何か問題を起こしたとき、
こちらが手や口を出しすぎて解決策を勝手に遂行してしまうと
夫は自分で解決するという体験を奪われてしまいます。

わたしが良かれと思って、プラス罪悪感から、

夫が苦労しないように、と手助けをしていたことは、

夫の考える力や工夫する力、

誰かに頼んだり解決しようとする力を

奪うことになっていたんだなぁと改めて気づいた出来事でした。

皆さんはいかがでしょうか?

旦那がすると汚くなるから
自分のやり方じゃないとイライラするから
遅いから自分でしたほうが早い
疲れさせてしまうんじゃないかという罪悪感がある
わたしが全部しなきゃ、という思い込みがある

そんな思いから、

夫が体験する機会を奪ってしまっていませんか?

これはできないだろう、
あれは頼めないなぁと思い込んでいるのは

意外と自分だけだったりします。

また、
ココは誤解があってはならない!と感じていることもあってですね。

それは、

子育てと夫育ては同じ、だとか
子どもを育てるように夫を育てよ、みたいな言葉が、

夫を子ども扱いする、という認識になったら危険だなということです。

子ども扱いして、上から目線で指示したり
大人なのにこんなこともできないの、と小馬鹿にしたような視点で接すると、

当然ですが関係性は破綻していくからです。


(男子はプライドの生き物ですから、馬鹿にする、はホントNGです)

子ども扱いするのではなく、
子供に接するように丁寧に夫にも接していく

というふうに解釈したほうがいいと、わたしは思っています^^


(これは昔のわたしが上から目線で夫に接していたのでお話しています。
夫のことを上から目線で見ている限りいつまでたっても対等な関係にはなれないから。)

子どもを育てるように夫を育てよ、の言葉に惑わされず

子どもに接するように丁寧に教え、
過度な手や口を出さず見守り
夫に合った声掛けをしていけたらいいですよね。

たとえば、

ほめてやる気が出るタイプならわかりやすく褒める!

そんなの大人なんだから当たり前だろ!なんて思わずに、

「すごーい!こんなに早くできたんだね!」
「とっても綺麗になっててびっくりした!ありがとう!」

とか、

頑張ったポイントにに気づいてほしいタイプなら、

「こんな風に食洗機に入れたらたくさん入るんだね!
お皿の並べ方を工夫してくれてありがとうね」

など。
↑これは実際にわたしが夫に言って

モーレツに喜んでいた言葉です。

読んでいただけたらわかると思いますが、
やはり感謝の言葉を伝えるって大事ですよ。

子どもがお手伝いしてくれた時、
自分で考えて行動した時、

嬉しい気持ちで ありがとう、って言いません?

メカニズムとしては夫にも同じようにするだけなんです^^

というわけで本日は、

夫婦で子育てしたい!
夫に積極的に家族にかかわって欲しいと!思うなら、

何か問題が起こったときに

夫が自分で考えて行動する機会を奪わないことが大切です、というお話でした。

よかったら皆さんのご家庭ではどうか、

振り返ってみてくださいね^^

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら
 

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら
 

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら
 

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ
 

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加