【発達障害・知的障害】夫が子どもに適切な対応をしてくれない

こんにちは^^

子育てがしんどい、
夫にイライラしているママ専門カウンセラーの
なす さおりです。

夫が子どもの特性を理解してくれない・・・

夫に子どもへのかかわり方を伝えたけれど実践してくれない・・・

夫が子どもを怒ってばかりなのがつらい

そんな風に感じること、ありませんか??

これは わたしのところへ来られるママさんのお悩みでも多い内容です。

今日はそんな風に悩まれているママへ一つの視点として、
わたしが夫と対話してきた中で感じたこと、実践していることを書いてみますね!

わが家の第二子(長男)は、
染色体異常で生まれ発達障害・知的障害があります。

多動性、衝動性、癇癪、他害がひどく、
6歳になった今も家の中ではきょうだい喧嘩、親への暴力が絶えません><

特に、夫への反抗、挑発がすごいんです。

まだ小さかった頃はしなかった、殴る真似や物での暴力。。。

夫が無反応をしても、反応が返ってくるまでしつこくやり続ける長男。

今でもよくバトルになっています(>_<)

うちの夫は発達障害に関しても積極的に勉強してくれていて、
理解がないわけではありません。

正しい対応を知って自分なりに何ができるか模索してくれています。

それでもやっぱり、
ギリギリまで我慢して 怒ったり やり返したりということはあるんです。

昔はそれが許せなかったわたし

なんで学んだ通りにやってくれないの?

全然理解してないじゃん!

とムカムカしてたんですね。

でも、
一方的にわたしがやってよ!!と言ってもただの喧嘩になる。

そりゃそうですよね、夫には夫の気持ちがあるんだもの。

何回も夫と怒って喧嘩して悩んだ末、

やっと夫の気持ちを尊重できるようになってきたわたしは、
夫に、
長男の激しい行動やそれに対する思いを聞くようにしたんです。

そうすると、

わかっているけど出来ないときがある

あんなにしつこく挑発されたら歯止めがきかなくなる

と話してくれました。

夫も葛藤しながら受け入れようと頑張って日々を過ごしていることがわかったんです。

自分もそうだから夫の気持ちは痛いほどわかりました。

夫と話をしながら感じたのは、

母であるわたしより長男と関わる時間が少ない夫は
長男の状態を受け入れるのにも時間がかかるということ。

家にいる時間が少ない夫が
家にいるときに長男の衝動的な暴力を見てばかりだと、
いつもこんな行動をしていると感じやすいのではないか。

また、かかわり方を学んでも実践する機会が少ないと、
この行動が特性であること、
怒ったら治るというものでもないという考えをスタンダードにするには わたし以上に時間がかかるのではないか。

敵は夫ではなく、
上手く対応できなかった時のモヤモヤした気持ちなはず。

それなら、夫婦で対立するのではなく、
上手く対応できなかったところをお互いがフォローし
協力し合うことで課題を乗り越えていくほうがいい。

わたしはそんな考えになりました。
(長い時間かけてです)

それでですね、
夫婦で協力する、子どものことに関して対話をする、となると、

子どもの特性について勉強したり
正しい関わりについて説明する方向に意識が向くことが多いのではないかと思うんですね。

ただ わたしがお勧めしたいのは、

子どものことや特性について夫がどう思っているのか、自分がどう思っているのか
まずはお互い聞き合う、伝え合うということです^^

子どもとの関わりの中で感じる苦しさや葛藤を無視して、

これが正しいんだから有無を言わさずやって、という機械的なコミュニケーションではなく、

どちらかが落ち込んだり悩んでいるときにどちらかが支えになるコミュニケーション。

たとえばうちだと、

夫が長男にしつこくされてイライラして怒鳴ったりしたら、

長男の意識を違うものに向けるようわたしが介入し、

夫には

「今のは腹が立つよね、ギリギリまで頑張ってくれてありがと」

と伝えます。

二人で長男を怒るでもなく、

二人で協力してこの場を収める。

そうすることで長男を無駄叱りすることもなければ、
夫婦の絆は深まります。

これはわたしたち夫婦で話し合って決めたルールでもあるんです!

こんなふうに、
どうやって夫婦でサポートし合うか
お互いにどんなことならやっていけるかという対話が何よりも大切で、
そこからがスタートだと思うのです☆
(これは発達障害・知的障害でなくても大切)

とはいっても、
夫に対して、

ちゃんと関わってよ!!
なんでやってくれないの?!

と思うときもありますよね・・・

夫の気持ちは想像できるけど、責めたくなる時もあります><

わたしはこんなに頑張ってるのに!!って思う時もありますよね><

なのでそんな時に振り返ってほしいのは、

夫を責めるのと同じように自分のことも常に責めていないか?

ということです。

できない時もあるよね

怒っちゃうときもあるよね

そういう時、あるよね

と夫に思えない人は、
自分にもその言葉をかけられていないのではないでしょうか?

適切な対応ができなくてもいいのではなく、
人間なのだから気持ちの波もあれば体調だって影響します。

うちでいうと、
長男の暴力やしつこい挑発にはかなりの忍耐が必要なんですね

それを毎日受けているだけでも相当なストレス。

いくらわが子だからって、どんなことをされてもニコニコしているなんて難しい

だから、怒ったり喧嘩したりするときがあっていいと思うんです。

夫の対応に厳しい目を向けてしまうときは、
たいてい自分にも厳しい目を向けています

ですので自分にも、

そんなときあるよね
あんなことされたら黙っていられないよね
いつもよく頑張ってるよ

という言葉をかけてあげましょうね。

いつでもできる人なんていないから。

最後はやっぱり、〝自分を大切にすることから始まる〟ですね^^

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら
 

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら
 

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら
 

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ
 

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加