【発達障害・知的障害】他害に悩まされて投薬を検討し始めました

こんにちは^^

子育てがしんどい、
夫にイライラしているママ専門カウンセラーの
なす さおりです!

今日はわが家の長男の話。

タイトルにある通り、
お薬の検討を始めたことについてリアルな日常と共にお送りします。

※赤裸々に書いているので閲覧注意

長男は染色体異常で生まれ、
発達障害、知的障害のある小学校1年生の男の子です。

遺伝子の一部欠損により、
筋力が弱い、しゃべれない、という状態もあります。

長男が3歳を迎えた日から、
何年も衝動的な他害(暴力)行為に悩まされてきました。

外で他人にはしないけれど
家族、特に姉弟には容赦なく、
今年に入ってからは物まで投げるように・・・

だんだんエスカレートした他害は、
ついに姉弟に怪我を負わせるほどになりました

卒園、入学、初めての環境での初めての勉強。

色んなストレスや疲れがあり、家では甘えが出ているのもあると思います。

疲れていそうなら長男だけ早く夕飯を食べさせて早く寝せる、

登校は自転車で送迎し、最小限の体力消耗で授業ができるようにする、

宿題もできた分だけで無理強いしない、

ストレスが溜まっていそうなら支援級でのんびり過ごさせてもらう、

肯定的な声かけをして褒める場面をたくさん作る、

色んなことを支援級の先生方と話し合い、
試行錯誤してこの数ヶ月取り組んできました。

それでも長男の他害は強まるばかり。

姉弟を四六時中 追いかけ回して叩く、髪を引っ張るの繰り返し。

長男の他害が強くなる時は、

疲れているとき
眠いとき
姉弟が目に入ったとき

と、

姉弟に対しては存在だけでちょっかいを出したり
挑発するような顔をして突き飛ばしたり
ババ(バカ)!と言うと怒る弟の反応を面白がったり・・・

姉弟が終始泣いているのをゲラゲラと笑いながら見て、
しつこく他害を続ける長男を見ていると、

腹が立って悲しくて、わたしも疲弊する日々でした

そんなとき、
支援級の先生に

投薬を考えたりはされていませんか?

と聞かれたんです。

先生によると、

最近は学校でも他害や過度の興奮状態があるので、
お友達にケガをさせないか
自分でケガをしないかが心配だと話してくださいました。

やめないといけないこと(殴る、投げる)がやめられない、
興奮状態になると歯止めがきかない、

これは家でもそうでした。

薬を飲むという選択肢を持っていなかったわたしは、
家で夫と話し合いをするつもりでしたが、、、

その日に事件は起きました。

夜にわたしがお風呂に入っていると、
娘が泣きながら 「助けて!!!」 とドアを開けました。

聞くと、
長男が癇癪を起して夫におもちゃを投げ、
夫の頭が切れて流血したとのこと。

幸い傷は深くありませんでしたが、
血だらけの顔を見た娘と末っ子は恐怖で怯えていました。。。

その姿を見て、

あぁ、もうここで新しい選択肢を増やさなきゃ家庭が崩壊するなぁ

と感じたんです。

もちろん、
長男にもいいところはたくさんあります。

宿題に集中できるときは1時間でも頑張ります。

誰とでも仲良くなれるし、まだしゃべれないと思わせないほどのコミュニケーション能力もあると思います。

気を利かせて食卓に食器を運んだり、
自分で考えて行動することもたくさんあります。

そういう場面もあるから、

そんな 薬とか飲まなくても親の対応で何とかなるんじゃないか・・・

そう思うこともあります。

でも、
これはここ数日悩まされてきたことではなく、

何年も激しい他害があるたびに家族の誰かが傷つけられてきたことを
ずっと我慢してきた経緯があるから。

温厚で怒鳴ったりしない夫が、
顔を真っ赤にして怒っている。

車の走行中に、何度話しても鍵を開けてドアを開ける長男を見て
夫が、

長男と一緒にいられない

とボソッと言ったとき、

もう限界だなと感じました。

チャイルドシートに座っている弟を殴って、
毎日鼻血を出させて笑っているのを、

運転しながら悔しくて悲しくて
長男がいなくなれば楽なのに、と思うわたしも もう限界でした。

支援級の先生からお話をいただいてから薬について調べ、
すぐに投薬について相談したかったため、
家庭療育の専門家 浜田悦子さん の個別相談にお申し込みしました。

そのあとかかりつけの小児発達病院の医師に電話をし、
経緯を話して受診の予約をさせていただきました。

支援級の先生とのノートに正直な気持ちを書いたら、

週末もホントに大変だったのですね。
心身疲れたことと思います。
宿題をすることでよりしんどいテンションになるようなら、今はやらなくてもいいです。
心の安定を最優先にしましょう。

と書いてあり、
泣きました。

寄り添い、いろんな方法を一緒に考えてくださる先生方がいるのは本当に心強いです。

まだ、

投薬をするかどうか
どんな事例があって
どんな種類の薬があり
何が長男に合うか 合わないのかもわかりません。

でも、
このまま家族が我慢をして辛い思いをするくらいなら
わたしは新しい選択肢を探してみようと思っています。

今まで投薬に良いイメージはなかったけれど、
家族や学校だけでなく
長男自身が自分の行動に困っているかもしれない。

他害を繰り返して怒られて、
辛い思いをしているのはわたし達だけじゃないかもしれない。

だから、

なにか対応策が見つかればと
専門家の悦子さん、かかりつけ医師、ネットの情報などを集めて夫婦で話し合い、
納得できる選択をしていきたいなと考えています。

そう決めたからか、
昨日は長男は機嫌よく他害もいつもの半分程度。

2年前に同じようにつらい状況になった時も、
状態が落ち着いてるからサポート受けなくてもいいかな、と思わせられていました。

それを振り切ってショートステイを開始しました

自分の対応が完璧にやれているなんて思ってない。

だからこそ罪悪感もある。

それでも、
長男の成長や 出てきた課題に合わせて
親がやれることは変わってくるのだろうとも痛感しています。

とりとめのない記事ですが、
今はそんな状況です。

といっても、
長男の他害がないときはみんな笑顔です^^

(疲れていなくて自分の要求がすべて通るとき)

四六時中、暗くてどん底な雰囲気の家、ってわけでもないんですけどね(^^;

同じように他害や衝動的な行動に悩まれている方に
この体験談がお役に立てばいいなと思います^^

またリアルタイムで
悦子さんへの相談結果など経過報告は続けていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

その後どうなったかはこちら↓

>>【発達障害・知的障害】投薬の検討を専門家に相談した結果・・・

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら
 

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら
 

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら
 

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ
 

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加