障害を持っている子は差別されるの?と感じた気持ちの振り返り

こんにちは^^

子育てがしんどい、
夫にイライラしているママ専門カウンセラーの
なす さおりです🍀

今日は、
このGWにわたしが自分の本音を眺めて気づいたことのつぶやきです。

起こった出来事より、
わたしがどんなアクションをとって何に気づいたか、をアウトプットしている記事になります。

この5日間、
我が家はほぼ家か公園に行っていました。

それでこの間初めての公園に行ったとき、
わたし達とあと1組、小学校低学年くらいの兄妹がいたんですね。

うちの子どもは3人で鬼ごっこをしていました。

で、
知的・発達障害を持つ長男がいつものように興奮して
大きい声を出していたんです。

あー!とか うー!とか、
ゲラゲラ笑ったり、

まだしゃべれないもんで
家族にだけわかる喃語で何か言ったり。

そうしたら、近くの遊具で遊んでいた兄妹が、

うるさい!

バカ!

黙れ!

と長男に言って睨んできたみたいで、
娘が飛んできて報告してくれました

娘自身、

「なんで〇君(長男)にばかりあんなこと言うんだろ。
 すごい嫌な気持ちになるわ」

と傷ついた様子。

で、
わたしもよくよく観察していたら
確かに長男をジロジロ見ている兄妹、
マスク越しに何か言っている。

ちょっと気をつけて見ていよう、と思いベンチから眺めていると、

突然長男が、

「バカって言われた!!」
(家族にしかわからない喃語)

と、男の子を指差しました。

わたしは咄嗟に、

「え?なに?
バカって言われたの?」

と長男に返し、

「うちの子が何かしましたか?」

と、男の子に睨みをきかせて聞いちゃったんですよ(^^;

すると男の子は、

「何もしてない」

と小声で言って、

その後は兄妹ともに わたしをチラチラ見ながら、
長男と距離をとって遊んでいました。

夫は仕事で3日半いなかったので、
ムカムカした気持ちをLINEに綴り ひとまず落ち着きましたが、

その後湧いてきた気持ちは、

わたしはあのとき、
何て言えば良かったのかなぁ。

ということ

カチンときて大人気なく睨んじゃったけど、

こんな風にしか話せないんだ

とか、

障害があってね、

とか、

説明できたらよかったのかな、と反省したり。。。

自分と違う人がいると

力になりたいと思う人、
排除しようとする人、

大人でも色々な人がいる。

でも、
自分と違う(障害がある)って思うと、
暴言吐かれる世界は悲しいな と思ったんですよね

娘も末っ子もキャーキャー騒いでたけど、
言われたのが長男だけだったから余計にそう思っちゃった。

この気持ちのもっと奥には、

障害があると差別される

という、
わたしの思い込みもあることに気づきました。

相手が何を言ったか、ということより
その言葉に反応した自分がいるだけなのでしょう。

確かに長男は興奮すると声も大きくなるし、
姉弟の名前を呼ぶときも
大きな声で叫ぶので耳が痛いこともしばしば。

それによって周りに迷惑かけていないかという罪悪感や、
うるさいって言われるかも、という後ろめたさがあったことにも気づきました。

こういうとき、
一人で最後まで消化していくのってなかなかハードですよね

それでわたし、
発達障害・グレーゾーンの子どもを育てるママ専用コミュニティ
メンバーの皆さんに相談したんです。

わたしは他に、どんな対応ができただろう?って。

そしたらね、
こんな風にコメントを書き込んでもらえました。
(一部だけ紹介します)

色んな角度から感じたことを書いてもらえると、
自分の大きな気づきになっていきますよね。

特に、

面識のない人だから咄嗟にムカッとしたのかも

という視点は
なるほど!と感じましたね。

たしかに面識があって
これからも付き合っていく人には、
言われてなくても丁寧に説明しますもんね。

また、

説明するのってめっちゃパワーいるよね!

と言ってもらえたのも、

普段わたしがやっていることに対する大きな共感に感じて
すごく嬉しかったです。

説明する相手は自分で選んでいい、という言葉にも救われました。

その場でしか関わらない人ふくめ、
すべての人に心から理解してもらうって難しいと思うんです。

ずっと関わっているからわかること、
わかりたいと思うこともあると思うから。

それはそれでいいのかな、って。

子どもが嫌なこと言われたのに腹が立つ気持ちを隠して、

うちの子はね、、、

なんていい人ぶって穏やかに説明しなくてもいい。

わかってもらえなくていい!

と開き直るのではなくて。←これ大事です

すべての人にわかってもらうことは難しいけれど、
伝えられる場面では真摯に
子どもの特性や状況を伝えていく。

決して諦めるわけでもなく、
自分にできることがあるときは
よりよい未来のために力を尽くしたいな、と思いました。

発達障害や、知的障害のお子さん、
衝動性や多動性が強いお子さんを育てるママたちは、

わかってもらえない

受け入れてもらえない

と感じることが多いのではないかなと思います。

確かにいろんな人に理解してもらうって大切なことだけど、

子どもの特性も
親の悩みも
状況も知らない人にまで理解してもらうって、
すごく難しい。

心無いことを言われたり、
どう思われているか気になるという場面は多々あると思いますが、

結局は、

それで自分はどうしたいのか

のほうが大切なんだな、と振り返った出来事でした。

やっぱり、
本音を話せるコミュニティってありがたいデス ^^

ただ聞いてもらえるだけで、
自分で考えて選択していくきっかけにもなります。

他のママさんの経験談から、
自分が気づくこともある。

同じ方向を見て進んでくれる仲間がいるって、
幸せなことだなぁと感じました(#^^#)

よかったら、
こちらのコミュニティも覗いてみてくださいね^^

(画像をクリックしてください)

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら
 

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら
 

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら
 

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ
 

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加