長男3歳

聞いてほしい、わかってほしいが、否定された、に変換されていた私の心

こんにちは^^

 

なっちーです

 

6歳の娘と
3歳と、1歳の息子を育てています

 

 

今日の記事は、
障害のある長男とのことについての覚書のようなものです。

 

ホンネを書いていますので、
嫌な気分になる方はスルーしてくださいませ。

 

 

昨日、3歳8ヶ月の長男の発達検査がありました。

 

発達遅れを指摘され、
リハビリ病院に通い始めてから3年。

半年から1年おきに受けている検査です。

 

今回は1年ぶり。

 

担当の臨床心理士の先生は、
とても物腰が優しく絶対に否定的な言葉を使わない素敵な方。

 

終始和やかな雰囲気で検査が進みました。

検査が終わって先生が、

「最近のお家の様子はどうですか?」と聞いてくださいました。

 

私は最近ちょっと困っていること、
特に長男の癇癪、泣き叫んで暴れる頻度や気持ちの折り合いのつけ方で、
疲れることが度々あることを正直に話しました。

 

そしたらね、
先生はこう言われました。

 

「気持ちの折り合いがつけられるような関わりはとてもよく考えてされていますよね。
本当に凄いと思います」

「ただ、長男君も保育園は頑張ってるし次男君の誕生でやヤキモチもあると思います。
その辺をわかってあげてほしいのと、やってほしくないことをその時に注意せず、
前もって◯◯はこの時間にしようね、とか話しておくと気持ちの折り合いがつけやすくなりますよ。
長い目で見ていきましょう」

 

 

もうね、
この言葉を聞いて私は
頭の先からサーっと下に何かが流れ落ちた感覚になりましたよ。

ガックシきたというか、
ガーーーンときたというか、

なんせショックだったんですよね。

 

それで思わず先生に、
「私も主人も、先生の仰ることはよく承知しているつもりです。
関わる時間も労力も、兄弟の中で一番だと思います。
常日頃から、長男を中心に、でも姉にも弟にも目を配っていこうと話しています。
それでも報われない気がする時があるんです。
朝から何十回も泣き叫んで暴れて、
それに付き合うも時間はなくなるし
やることは長男のことだけじゃないんです。
長い目で見ることもわかっています。
癇癪やこだわりが酷い状態になってから1年8ヶ月、ずーっと親なりに試行錯誤してきました。
自己主張の強い時期だともわかっています。
それでも、
耐えられない時があるんです。。。」

 

と、
息せき切って言ってしまいました、、、(._.)

 

 

先生は、

「あ、そうなんですね。」
といわれ、少し困ったような顔をされていました。

 

それから約1時間、
私はずーっとモヤモヤしていました。

 

モヤモヤしながら、
涙をグッと堪えている感覚。

 

私は何を感じてるのかな?
どうしたの?

と自分に聞いてみました。

 

・・・・

 

私は、

先生に否定された! と感じたんです。

更には、

もっと頑張りなさい
やり方が間違ってるんじゃないの?

と、責められたような気がしたんです。

あとは、
長男の特徴やこだわりや癇癪について理解していないと思われているようで悔しかった。

それとね、

わかってるの。
やったほうがいいことは何か も、
時間がかかることも。

わかってるけど、
できないんだよ。

できない時もあるんですよ。

というか、

一日中、泣き叫んで暴れている子のそばにいて、
正気でいられる人っているの?

 

私は、できないわけですよ。

 

その できない っていうのを、
わかってほしい!!!

辛いんだよ
苦しいんだよ
うんざりするんだよ
投げ出したくなるんだよ

それを、
わかってほしいよ!

 

って、
思ってたんです。

 

先生の言葉を聞いてからの一瞬で、
こんなにも感情が溢れていたのには
自分でもビックリ。

 

検査が終わってからOT(作業療法)があったのですが、
ほとんど上の空で自分の気持ちを探ってました。
(OTの先生ごめんなさい!)

 

 

ただねー、
これ読んでて え?? と思った人もいるでしょうが、

 

先生は私のことを否定する言葉なんざ、
一言も言ってないのだよ 笑

いやーほんと、
笑える。

私が1人でそう受け取って、
私が1人でジタバタしていた の図。笑

 

いわゆる一人相撲ですな。

 

 

全ての物事は、

そーゆーこと。

 

自分がどんな状態で、
その言葉(物事)を
どう受け取ったか なのです。

 

この出来事から分かったのは、

私は今、長男との関わりで疲れている部分がある。
障害児を育てていくことの大変さをわかってほしい、認めてほしい、と思っている。
ということ。

 

あとは、

愚痴なんか言っちゃダメだ
泣いちゃダメだ

と思っていること。

 

最近忙しくて誰かとゆっくり話す時間もなかったけど、

まずは自分が聞いてあげること、
自分を肯定してあげることが

今の私には必要なのだろうなぁ

 

という気付きに至りました。

 

 

先生はね、何も悪くないのです。

私の力になりたくてアドバイスしてくれた。
(本当に大好きな先生です)

よくわかっています。

 

ただね、
アドバイスって時に人を傷つけたりもするんだなぁと思う。

 

それは相手の問題なのだけど、
『聞く』ことがアドバイスより力を発揮すると日々実感しているから、

我が振り直せ に繋げよう〜 と思います^^;

 

私は良かれと思って色々言っちゃうタイプだったから(~_~;)

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加