夫婦関係の改善

夫に〇〇させてはいけない

こんにちは^^
夫婦コミュニケーションアドバイザー
なっちー(なすさおり)です。

子育て・夫婦関係のお悩み解決をサポートしています。

 

母親だからわたしがしなくてはいけない

夫は疲れてるのだから家事をさせてはいけない

夫は忙しいのだから頼んではいけない

夫に頼んでも嫌な顔をされるだけだ

こんな風に思っているママはいませんか?

というのも、
5年前のわたしがそうでした。

わたしがやらないといけない
夫にさせてはいけない
夫が無理をしているかもしれない

そう思うあまり、
家事や育児、生活上のことを全部うけおい、
とても苦しみました。

この苦しみから抜け出すために
わたしがトライしたこと、

それは

聞いてみる

ということです。

先日、

夫とこんなやり取りをしました。

 

 

夫が子どもを迎えに行ってくれると申し出てくれたとき、
とっさに浮かんだのが

疲れてるだろうから近いほう(そろばんに通う娘)を
迎えに行ってもらったほうがいい

でも結局は、
わたしの勘違いでそろばんがお休みだったため
それを伝えると、

遠いほう(保育所に通う息子たち)を
迎えに行くと言ってくれました。

そしてわたしはまた瞬時に、

しんどいのに無理してるんじゃないかな

と思ったわけです。

なので、

しんどくない?

と聞きました。

この“聞く”という行動、

しんどいのに無理してるんじゃないかな
本当は行きたくないんじゃないかな
疲れてるってわたしが言わせていないのかも
不機嫌になってないかな

と妄想をめぐらすより、

遥かに省エネです。

聞いたら明らかな返事があるわけです。

妄想しているだけだとゴールがなく、
グルグルと解釈がまわるだけで疲れます。

多くの人が
聞かずに妄想だけで苦しんでいます。

わたしもそうでした。

聞いて嫌な言葉が返ってくるのがこわい
聞いたら(気遣ったら)負けた気がする

そんな風に思っていました^^;

今みたいな心地いい関係になって
夫に聞いたことがあります。

疲れてるのに頼まれると嫌じゃない?

すると、

全然。
言ってくれる方が何したらいいかわかるし、
お前の負担が軽くなるやろ?

と返ってきました。

多くの男性は

頼られること
甘えられること
尊敬されること

で自尊心が高まります。

逆に言うと、

まったく頼らない、甘えない、尊敬しない

という状態は、
夫の自尊心を下げている可能性があるということです。

夫に○○させてはいけない

と同時に、

わたしが〇〇しなければならない

というルールを持っていませんか?

そのルール、
苦しくありませんか?

自分の中での頑ななルールを緩めていく上でも
“聞いてみる” ことは重要な役割をはたします。

どうしても聞けない!

その前に気づけよ

そもそも何て聞いたらいいの?

そんな風に思うかたは、

こちらのメール講座をおすすめします。

〇〇してはいけない、
〇〇させてはいけない、

というのは、
ビリーフといって

自分の中だけでのルール
思い込み  と言い換えられます。

あなたにとってのビリーフはどんなことでしょう?

まずはそれを知ることが、
夫婦関係を改善していくきっかけになりますよ^^

●なっちーの無料レポート●

夫婦仲を良くしたい方はこちら

私にも夫婦の暗黒期がありました。
そんなどん底からどうやって這い上がったのか、の赤裸々ストーリーと、
夫婦関係を悪化させたもの・改善させたもの、オススメ対応法を綴っています^^
↓  ↓

●なっちーの無料メール講座●

夫婦仲を良くするための方法を学びたい方はこちら

夫と仲良くなりたい、夫婦で子育てをしたい!と思うあなたへ。
夫婦関係を見直したい!
夫との関係を変えたいあなたへの実践メール講座
↓  ↓

●なすカフェオンラインサロン●

誰にも相談できず悩んでいる、本音を話せる場がほしいという方はこちら

顔色を伺う『ママ友』じゃなく、なんでも本音を話せる『友達』が欲しい!
取り繕っていない自然な自分のままで、受け入れてくれる仲間が欲しい!そんな
孤独な子育てママが日本一安心して本音を話せる場
「なすカフェオンラインサロン」くわしくはコチラ
↓  ↓

●なっちーの公式LINEアカウント●

夫婦や子育てのご質問はこちらからどうぞ

自分と仲良くする・私らしく生きる をテーマに配信しています。(毎週金曜配信)
親子・夫婦のコミュニケーション法についても時々配信しています。
ご希望の方には
『なっちー流 ラブコミュニケーションで大切な7つのこと』をプレゼント中☆
ご登録はコチラ
↓  ↓
友だち追加